Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2020年01月02日

2020年

時空を超える旅の続きで新しい年を迎えてしまいました。

今年は喪中なのですが、構わず「あけましておめでとう」と言ってます。
だってめでたいですもんね、新年。
ご先祖様もそうおもってるハズ…なんて解釈してるけど。

昨年中は大変お世話になりました。
カウンセリングに来られた方も、お電話でお話しした方も、しばらくお会いしていないけどブログを読んでくださってる方も、まだお話ししたことのない方も。

わたしはカウンセリングルームを拡大したり、たくさんの集客をすることより、ご縁でわたしと巡り合ってくださった方へ、最大の伴走役を務めることだけを目標にしています。
だからひっそりと目立たず、細々とやっています。

一般的なカウンセラーとは違って、かなり異質なのでしょう。
リスクを恐れず、目の前のその人の最大の効果のために、チャレンジするからです。

このスタイルを変えることなく、また今年も進めたらいいなと思っています。

2019年を振り返ると、7割くらいは目標達成したのかな。
3割は出来ませんでした。
数秘の勉強をしたかったけれど、やったのは本を読んだりオンラインセミナーをちょっとみただけ。
2020年こそ、正しく数秘を伝えられる知識が欲しいです。
人生に置いて、天気予報のようなものだから。
知らないよりは知っていたほうが良いし、傘が必要な時は持った方が良いから。

去年は多くの新しい人と知り合うことを、プライベートでは目指していました。
お蔭で随分新しい友達が出来ました。
この歳で本気で語り合える友達が出来ることを諦めませんでした。
たくさんの人と出会い、たくさんの人が私の前から去りました。だけどそのまま居続ける友達もいて、それが私の財産です。

割と出かけることが多かったので、夫には迷惑をかけているのかもしれません。
なかなか完璧に主婦業はできませんが、自分の人生を応援してくれる夫に感謝です。

今年はスキーのほかに、もうひとつ打ち込めることを探したいです。
とことん極めるほどに夢中になるもの。

どれもほどほどに何となく出来てしまう器用貧乏なので、なかなか夢中になることってないのです。
お料理も、パン作りも、好きではありますが夢中まではないし、他のスポーツもそれほど楽しくないし。
なにか私が突き止めたい物をみつけたいです。

みなさんの目標はどんなことでしょう。
1月2月は、時間に余裕があれば少しゆっくりめにお話をお聴きしたいなと思っています。
どうぞお時間に余裕を持っていらしてくださいね。

2020年は、令和が1月から始まる最初の年で、干支が始まりの鼠。
新しいことを始めるのに最適だそうです。
私も何か新しいことをしてみよう。


・・・・・
私のお正月の過ごし方など少々お披露目(笑)

DSC_0651.JPG

今年もおせちを作りました。夫の娘や子供たちが訪ねてくれて、にぎやかなお正月でした。

DSC_0653.JPG

縁起の良い美味しい日本酒をいただきまして、けっこう飲みました(笑)
日本酒って糖質だから罪悪感が半端ないけど、お正月だから良いでしょう。

明日からはスキーです。
今年は雪不足で大変です。
スキー場もやっとオープン、だけど全面滑れないそうです。

6日より仕事はじめです。
また沢山の方の人生をお聴きすることを、楽しみにしています。



posted by いわはし みなえ at 08:41| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

時空を超える旅A

11月にタイに行くようになって3年目。
旅は時間も空間も飛び越える。

タイは特に忘れてた熱気や、人の優しさや温かさ、そして自由を思い出させてくれるような気がする。
でも年々バンコクは都会化が進むし、物価も上がってる。
ついでに英語も、年々現地の人が話せるようになってる。特に若い子。
そのうちこの、熱気は収まってしまうんだろうな。

タイは微笑みの国と言われるけど、言うほど人は微笑んでもいない(笑)
ただ、情に厚くて親切。もちろん酷い人もいるとは思うけど、それはどこの国も同じだよね。
全員同じ個性の国民性ではないのだから、色んな人はいるだろう。


旅の前半は、友達が来ていた。
いつもお世話になっている、元駐在員(今は出張組)のスキーの先輩が、週末に車を用意してくれて、自力じゃいけない場所に連れてってくれた。
DSC_0327.JPG
カンナチャブリに行き、泰緬鉄道に乗って戦場に架ける橋を渡った。
戦争時代の酷い過去なんか関係ないような、美しい景色。
自然には何もかも適わないなぁと思う瞬間。

だけど、過去にはここで、人が人を、人とも思わない扱いをしたのは事実。
そうして出来たこの線路。
過去を悔やんでも仕方ないとは思うけれど、私達は学ぶために過去を振り返るんだなぁなど、しみじみと思う。
生きてるのは今、この瞬間だものね。

DSC_0329.JPG

この枕木を運んだ人、線路を引いた人。
どんな思いでこの作業をしたんだろうか。

想像する。全く思いつかない。
だけどその過去があって、今の私達が在る。

タイの人達は、日本人に対して親しみを持ってくれている。
特にバンコクにいると。
もちろん向こうから見たら『たくさんお金を使ってくれる観光客』なんだろうけれど(苦笑)
それでも歓迎ムードなのは嬉しい。

このカンナチャブリの人達は、どんな思いで毎日ここを訪れる沢山の外人を見てるんだろう。
私がここで生まれたら、どう思うんだろう。

他にも素敵な場所にはたくさん連れてってもらえた。
定番のアユタヤ(3度目)、象のジャングルトレッキング、そしてずーっと行きたかったタイのワイナリー。

ワイナリーも素晴らしかった。
日本で色々ワイナリーを巡るけれど、タイのワイナリーもまた素晴らしかった。
タイの物価にしたらかなり高級品だけど、価値あるワイン。

私が行ったのは、カオヤイのグランモンテという、小さなワイナリー。
たまたま近くのイタリアンレストランで食事をしたら、グランモンテのワインが原価で置かれていて、とても美味しかった。
それでみんなでワイナリー見学に行くことにした。

思いつくままに行けるのも旅の醍醐味。

DSC_0315.JPG

DSC_0314.JPG

DSC_0316.JPG

造り手の気持ちや、丁寧に扱われてる葡萄を見ていると、意味もなく泣けてきた。
何といっても葡萄がどれも綺麗。

日本のワイナリーでも時々感動的になるんだけど、海外だとまた格別な気持ち、プレミア感?(笑)

感動は心を成長させるし、若返らせる気もする。
3年目のタイも、感動の連続。まだまだいけてない場所もたくさん。

もちろん日本でも、色んなところを旅すれば感動することもたくさんあると思う。
ただ私は、今はタイが好きなんだろう。

異文化と発展中の熱気と、年中夏の気候が大好き。

このあと一人でも色々な冒険をしてみたので続きは次回。

・・・
なかなか電話が通じないとお叱りを受けてますが、繋がることもありますよ(ホントですよ)
諦めずに電話チャレンジしてください。
『何度でも無料電話カウンセリング』継続中です!おひとり一日30分、無料の電話カウンセリングをご利用いただけます。
詳しくはコチラ→https://besay.webnode.jp/

お電話お待ちしています!(090-5054-3117 岩橋)



posted by いわはし みなえ at 14:19| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

時空を超える旅@

毎年わたしの我儘で長期休暇を頂いておりますが、今年はなんと12日間もお休みしました。ほぼ2週間ですね。
今年もまた、一人でタイに行きました。途中入れ代わり立ち代わり友達が来たり、
現地で親しくなった方とご一緒したり、また新たな出会いがあったり。

旅は時空を超えます。そしてわたしにいつも刺激をくれます。
だから旅を勧めます。行けるなら絶対に行った方が良いです。どこでも行きたいところへ。

若いころはお金がなかったから、心の旅ばかりしていました。
本を読んで想像したり、写真集を眺めていました。

いずれわたしも歳を取り、足腰が弱くなって遠くに行けなくなるでしょう。
そうしたらまた、心の旅に戻ります。
だからそれまでは、行きたい場所に行って、たくさんの見聞を広め、自分をたくさん感動させてあげたいです。

DSC_0306.JPG
象に乗ったり(象は何度も乗ってますが、今回はスペシャルでした!)


DSC_0414.JPG
現地の食堂で食事をしたり(ガイドブックにも載ってないお店)


DSC_0467.JPG
地元の市場を訪れたり。

みなさんも、心の旅に出られるように、これから何度か旅記録を更新したいと思っています。

今日から通常営業しています。

・・・
呑気に更新してるから、続けられるのか不安だなぁ。がんばります💦

今日から「何度でも電話カウンセリング」も受付けています。一日30分、毎日利用していただいても構いません。
電話カウンセリングを無料で承ります!
しかし、帰国してからバタバタ、予約もてんこ盛りで、電話に出られないことが続いています。ごめんなさい!
諦めずにトライしてくださいね。詳細はコチラ(営業していない日もありますのでご確認してからおかけください)

090-5054-3117(岩橋)
posted by いわはし みなえ at 10:42| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする