Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2018年11月30日

タイ日記〜自由になる〜

前回のタイ日記にも書いた通り、今回はバンコクからチェンマイにタイ国内旅行に出て、またバンコクに戻って帰国、7泊9日の旅だった。タイは暖かい土地特融のノンビリとした文化が根付いているけれど、わたしが知る南国のノンビリ加減より、更に輪をかけてノンビリと思う。
沖縄には4年住んでいたし、ハワイは夫のビジネスで何度も訪れたけれど、どちらもタイのノンビリ加減には勝てないんじゃないのかな。
ノンビリしてるだけじゃなく自由。忙しい日本で暮らしていると忘れているノンビリさに、心が解けて癒される。でもこれ、仕事で行くと超苛々するんだろうなぁ(笑) あと、適度な緊張感を持って対応してもらえると、すごくその有難みが身に染みるという。良くも悪くも日本との違いを思い知る8日間。

チェンマイで案内をしてくれたガイドさんは、北部出身のカレン族。
received_415724702298642.jpeg

非常に穏やかで優しいガイドさんではあるが、とってもノンビリ屋さん。出身地は山の中だそう。やっぱり育った環境って大きいのかなぁとか思う。穀物を作って年に一回現金収入があるような所で、学校はとても遠くてみんなで歩いて通ったんだそうだ。ちなみに地元では、日本語を話すのは彼だけなので英雄らしい。一緒に田舎から出てきた友達は、もう田舎に帰ってしまったんだそうだ。彼にとってはバンコクの都会は、決して暮らしやすいところではないのだろう。

タイの寺院ではお参りの際に、仏塔や仏像の周り(けっこう長い通路になっている)を時計回りに3周することが時々ある。せっかく来たのだからと、わたし達はきっちり3周するのだが、終わってみたらガイドさんがいないということが度々あった。キョロキョロしながら少し待っていると、どこからともなく現れて、先に次に案内する建物を下見したり、自分だけトイレに行ったり、なにか所用を済ませていることもある。全然悪びれもしないし、むしろ嬉しそうに待っている間にしていたことを教えてくれたりする。ああ、自由だなぁと思う。日本人のガイドなら、生真面目に3周する私たちをスタート時点から動かずに待っていることだろう。
そんなガイドさんにわたし達も慣れてきて、ちょっと見失っても慌てずに、あまり遠くに行かない程度の場所で楽しむことにし始めた。お土産屋さんを覗いたり、アイスを買って食べたり、見知らぬ人に話しかけられて拙い英語で会話していたり… お参り3周のスタート地点で待っていないわたし達を、今度はガイドさんが探す羽目になって、みんな大笑い。

また、チェンマイの前後に宿泊したホテルに、バゲッジを一度預けたのだが、チェンマイから戻って再チェックインすると、フロントではバゲッジは部屋に用意してあるという。日本では当たり前のサービスではあるが、タイでこのようなサービスは気が利くなと思って部屋に入ると、バゲッジはない。フロントに電話しても「今から部屋に持っていく」と言うが一向に来ない。結局同じホテルに宿泊している、タイに出張中の日本人の友達の提案で、倉庫に自分のバゲッジを探しに行くと、フロントの人達はバゲッジを探そうともしていなかった。出張中の友達曰く、こんなことは日常茶飯事なんだそうで、頼んでも時間だけが過ぎるんだそう。ほんと自由(笑)仕事ならブチ切れるところだけど、こちらは観光客なので笑いしか出ない。電話でガミガミ言われたフロントの女の子も、悪びれもせず手を振る始末。さすがタイだなぁと思う。
逆にセカセカしていないので良いこともたくさんある。最終日にレイトチェックアウトできるか確認したら、当然のようにOK.しかも時間が18時までと太っ腹!日本でレイトチェックアウトしてもせいぜい12時か15時。いくら次の予約が詰まっていなくても、夕方まで部屋を使わせてくれるとは、なんとも豪快。出張で度々ホテルを利用している友達が手配してくれたので、もしかしたら優遇されているのかもしれないけれど、それにしてもおおらかだ。

そして今回、一番驚いたのがタクシーのおじさん。
DSC_0872_HORIZON.JPG

バンコクでは電車や地下鉄に乗って、好き勝手移動してるのだが、最終日にバゲッジを持って移動するのが大変だったので、ホテルの前から自分でタクシーを拾った(これも前はホテルのフロントにお願いしていたけど、なかなかつかまらないので自分でタクシーつかまえるようになった)
行先を告げて確認、微妙に英語発音でも通じなかったりするので何度も確認するが「OK」とのことで乗り込む。
すぐに出発するが…なにか匂う。内装がボロボロの車だから、古いから臭うのかと思ってたけど、臭いわけじゃない。匂うのだ。
運転手に聞いてみると、わたしの英語が通じないのか苦笑い。しかしその直後、なんとどこから出したのか、食べかけのスープが入ってる器を出してきて、運転しながら食事をし始めた!これには驚愕すぎて言葉も出なかった!
一応写真撮影の許可を取り(相変わらず英語はわからないみたいだけど頷いている)後ろから食事風景を撮影しようと思ったものの、なかなか食事まで画面に映らなかった(しかも運転も怖いから前のめりになれない💦)残念。
ちなみに「いつも運転しながら食事するのか」と尋ねたら、これまた通じてるのか通じてないのか大きく頷いていた。ちなみに車はマニュアル車。高齢なのか運転もちょっと怖かったけど、渋滞だらけのバンコクでは食事するのも楽々なんだろうか。

もしもこれらのことが、日本で起きたら・・と考えると、日本って仕事に対してとても厳しい観念を持ってるから、きっと許されないんだろうなぁ。もちろんバゲッジが出てこないホテルや、運転中に食事をするタクシーは困るけど(笑)もう少し四角四面ではない働き方や、笑うくらいの余裕がある顧客を目指すのもアリかもしれないなぁ〜…とか思ったり。すでに自由に緩く仕事させてもらっているわたしが言えた義理はないけど(苦笑)

タイの想い出がたくさんありすぎて、何をどう書けばいいのか悩ましいところだけれど、次回はわたしの人生に素晴らしい刺激を下さったSpa Yukoのオーナー、優子さんのことをご紹介して最終回にしたいと思う。去年優子さんに出会えたお蔭で、今年のタイ旅行は去年よりもっと素晴らしいものになった。エステもバンコクでしか味わえないので贅沢に施してもらって大満足。記憶が薄らぐ前に、記録に残したいので次回お楽しみに^^

素晴らしいタイの景色〜高層ビルからローカルマーケットまで、様々↓
DSC_0692.JPGDSC_0699_HORIZON.JPGDSC_0706.JPGDSC_0718.JPG1542818836480.jpgDSC_0854.JPGDSC_0861_HORIZON.JPGDSC_0870.JPG


お友達登録いただくと、お得な情報やメッセージが届きます。ぜひお友達登録してくださいね。
ja.png
初めてご利用の方は、初回無料お試し電話間セリング40分をご用意しています。どうぞご利用くださいませ。



posted by いわはし みなえ at 14:43| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

タイ日記〜たくさんの気づきに感謝〜

無事タイから帰国して、通常通りにルームを運営中。
写真を眺めながら、タイの8日間を記憶にまとめている。
ルームのご利用者のみなさまのご理解のおかげで、わたしは本当に好きな時に好きな場所で過ごして、そうしてまた戻って仕事ができる。
それは本当に幸せなことで、感謝の気持ちばかり。
感謝の気持ちをお伝えしたいので、どんな旅だったかをブログでお知らせする予定。
去年より感動が大きすぎて、何から書けばいいのか・・・取り留めもないブログになりそうだけど、ご容赦を。

去年のタイより、今年のタイはもっと良かった。そう思えるたびが出来てよかった。
毎回バンコクから外側に出ることを決めているけど、今回はチェンマイへ。コムローイ祭りをみるのを楽しみにしていた。
わたしの『一生に一度は見たい風景』リストのトップにあったこのお祭り。夢がかなった瞬間だった。

result_1543190573797.jpgDSC_0745.JPGDSC_0757.JPGDSC_0765.JPGDSC_0820_HORIZON.JPG

満月にランタンが空高く舞う。
世界の人が、今夜幸せを感じますように、わたしの好きな人たちが幸せでありますように…と願った。
永遠に飽きない。

とにかく世界中から人が集まって、街がすごいことなんだけど、祭りは一晩中ランタンが空を舞う。わたしたちはまず、ローカルが上げる橋の上でまず上げて、その後レストランで食事をしながら見上げてから、その傍の川辺でまたランタンを上げ、更に宿泊するホテルの屋上でビールを飲みながら三度目のランタンを上げた。

動画はこちら↓

とても写真や動画では収まり切れない感動だったので、いま改めて写真を見るともどかしい。
日本ではありえないスケールで、ランタンが満月に向かって舞い続ける。この日はルイカトーン(灯篭流しのようなもの)も重なり、空にはランタン、川には蝋燭の火が流れて、本当に幻想的だった。

心の旅に場所は不要だけど、外側からの刺激で心が波打つこともある。
わたしは旅に出るたび、その身を置く場所から刺激を貰い、自分の心の世界が広がるのを感じる。
魂ごと抜け出して、好き勝手に世界を眺められたらよいのに・・・と思うけれど、いまはきっと無理な話なので(苦笑)
旅行という手段で、こうしてリアルに自分の目で見ることが出来て、本当に良かった。

この夜空を見ていて、自分の存在のあまりにも小さいことに改めて気づく。
そうして無力なわたしが放つ、ひとつのランタンの灯りが空に舞うのを見届けて、この広い空に瞬くランタン達のひとつの光に、わたしのランタンも在ることに心が震えた。
どれもこれも、綺麗に瞬くランタンたち。比べようもなくどれも美しい。そして空高く上がってしまえば、圧倒的な無個性。自分が放ったランタンがどれなのか、途中からすでにわからなくなる。
どんなに張り合っても地球上の人間同士、わたしたちも宇宙から眺めれば、どの肌でどの言語でも、さして変わらなくみえるのだろう。

ランタンは風に乗って、そうしていつか燃え尽きて地上に降りる。落ちたランタンは元の持ち主が誰かはわからないけれど、翌朝の街にはランタンは落ちてはいなかった。別の誰かが拾って片付けて、そうして街はまた美しい姿で翌日の祭りを迎える。

わたしは人は生まれ変わると信じている。
オカルトでもスピリチュアルでもなく、そうゆうものだと小さいころから感じている。
ランタンのように、この世に生を受けて打ちあがり、様々な風に揺られて試練を乗り越え、そうして燃え尽きていつか落ちてくる。それをまた、知らない誰かが拾い上げて片付ける。そんなサイクルの中で、わたしたちは生きてる。

いや、生かされてるのか・・・

人は自分の成長を知らずに望み、怖がったり諦めたりしながらも、目指す方向に登っていく。
そうしていつか力尽きて、今ある命を終わらせる。向かう先はみんな満月のランタンのように、成長のその先まで行こうと努力している。
わたしもだ。
そうしてほかの誰かの成長の手伝いもしたいと願う。そう思うと、自分の傲慢さにあきれて苦笑い。
手伝いをしている風で、誰でも本当はわたしの成長のために、わたしの人生の登場人物として現れてくれているだけ。
日本にいると、気付いてる風で忘れていること。気を付けなくては傲慢になってしまう心。

壮大な風景の中で感じるありがたさ。
旅ってすごいと思う。良い旅が出来てよかった。

まだまだお知らせしたいこと、分かち合いたい旅の記録がたくさんあるのだけど、今日はここまで。

・・・・・

タイ土産ご用意してお待ちしてます。たくさん準備しましたが先着順です。
来談の方にしかお渡しできないのが残念。ラーブ味とトムヤンクン味のプリッツ、マンゴー味のポッキーのいずれかひとつ、ぜひタイのお味を味わってくださいませ。

IMG_20181128_075812.jpg

お知らせや割引クーポンが届くので、ぜひお友達登録もしてください!
初めてご利用の方は、初回無料の電話カウンセリング40分もご用意しています。どうぞお気軽にご利用ください。
ja.png
posted by いわはし みなえ at 14:22| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

時を重ねる

先日ひとつ歳を取りまして、誕生日が結婚記念日でもあるので、誕生日&結婚記念日に夫とデートしてきました。
台風が来る直前だったのですが、行った先は晴れました。やっぱりわたしは『強運・アゲマン・晴れ女』であります(笑)

2018-08-07-13-22-13.jpg

行先は茨城県。夫と水族館に行って、お魚料理を食べて、更に魚や貝を買って帰宅。
写真は、ずっと行きたかったアクアワールド茨城県大洗水族館にて。
後ろにマンボウいるの、わかります?ってかマンボウって正面からみると身体が薄いんですね(笑)面白くてかなりテンションあがりました!
海は大好きで、沖縄に住んでた時はダイビングばかりしてましたが、今は持病であまり身体を冷やせないので、水族館好きになりました。

夫と出会って17年目。
出会った当時、夫はとても気難しくて、触れれば斬れそうな人でした。
わたしが惚れて沖縄から東京についてきたのですが、そこからも至難の連続でした。随分喧嘩もしたし、単身で沖縄に帰ることも何度も考えました。
今はだいぶ穏やかな夫婦ですが、それでも時々喧嘩をします。だけどやっぱり、夫はわたしの一番の理解者とも感じます。

最近、わたしのライフスタイルや夫のことを「みなえさんはいいなぁ」と、人から羨まれるようになりました。
でもかつては「みなえさん、可哀想」と、よく言われていたものです(苦笑)

わたしはただ、自分が惚れた人を信じてきただけですが、それがこんなに人生を好転させるとは、夢にも思っていませんでした。
一緒に時を重ねてきて、お互いに成長できたと実感しています。

人は与えた分以上に受け取れることを、今は体験として知っています。
恐れずに、もっと人に与える人生を歩みたいです。

僻んだり妬んだり恐れたり。人間だからわたしもそんな感情になることがあります。
だけどその感情をあるがまま、それでもわたしは与える人生を選択したいと強く思います。
全てはわたしの先を照らすサインと信じて、どんな感情も向き合い受け止めたいものですね。

夫からの今年の誕生日プレゼントは、なんとルームのリフォームです。
今月中にはリフォームできるかな。
今よりもっと快適な空間で、みなさんをお迎えしたいと思います。そのタイミングでカウンセリングメニューも変更を検討しています。
今よりもっと、わたしが「与える」ことが出来るカウンセリングスタイルを目指しますので、お楽しみに^^

・・・
・・ 当ルームでは、初めてご利用の方を対象に、40分間のお試し無料電話カウンセリングを実施しています。 費用も通話料もかかりません。カウンセラーとの相性や、カウンセリングがどんなものかを体験し、今後どうしたら良いのかを一緒に話し合いましょ♪お気軽にご利用くださいね。

更に!3.3.7BesayのLINE@でお友達登録していただくと、10分延長無料で合計50分のお試しできます!1対1トークもできますので、ご予約のご質問などお気軽にお声かけくださいね。
ja.png

posted by いわはし みなえ at 14:55| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする