Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2019年06月06日

何度でもキャリアチェンジ

何故世間では転職なら30歳までとか、働くなら正社員とか、資格を取れとか言うんだろうか。
最近ずっとこのことばかり考えている。

わたし自身、高卒で就職した会社は、最初の結婚をして退職、元の会社で請負業を細々と続けて、離婚して同じ会社にフリーランスとして復職。同時期水商売、早朝の喫茶店モーニングのバイトも掛け持ち。
色々あって沖縄に引っ越して、1年位ファミレスとスナックでバイトをしていた。現在の夫と出会ったのはこの時期。
その後に宅配弁当店を創めたものの、夫が東京に戻ることになり譲渡。この時すでに30歳を超えていた。

東京に来てからは朝マックのバイトをしながら昼間は会社員、これが1年。『なんで朝マックのバイト?』とよく尋ねられるけど、やりたかったから、それだけ(笑) 都会のマックでバイトする…北海道の田舎の出身のわたしには、憧れの職場なので自分の夢を叶えてあげただけ。

しかしその後、会社が買収されて色々あって、後2年勤務して退職。このサラリーマン時代は超が付くほどのワーカーホリックだったと思う。子宮頸癌になって入院していても、病室でパワポでプレゼン資料を作るという…今考えると恐ろしい仕事依存。

その後、暫くフリーランスでいろんな会社の仕事を請け負ってた。多いときは5社の名刺を持って、相談業務やら営業やらスタッフコーディネーターやら、様々なことをしてきた。ちなみにフリーで契約してもらってた企業も、合併されたり縮小したり、倒産したところもあるので、わたしは『正社員安定説』を信じていない。

仕事しながら、通信で大学も行かせてもらい、心理学を学んで卒業したし、カウンセリングとキャリアコンサルティングの資格も取って、出来れば相談業務で食べていきたいと思っていたんだけど、最初はなかなか相談業務の仕事が無かった。たまにあっても経験が浅いからと契約してもらえなかったりで、ここまでの道のりは紆余曲折ではあった。でも何とかなった。

ずっと不安定な働き方だし、将来に絶望してハロワのキャリアコンサルタントに泣きついたこともあった。いま考えると絶対に向いてないのに、ハロワや公共機関の窓口相談業務を受けようかとも思ってた(安定して相談業務を続けたかった)

今は松戸市の自宅にカウンセリングルームをオープンして7年。ルームだけじゃなく、昔お世話になった企業からお仕事を頂いたり、他企業を紹介してもらったり、友達のご縁で大学の学生支援をさせて頂いたりと、人には恵まれてきたのかもしれない。夫がいるから、すごく頑張らなくても食べてはいけるというのも安心材料ではある。

わたしのキャリアチェンジって、いったい何度あったんだろう。転職回数だけで言ったら、もう完全にアウトだと思う。

でもこの経験はプライスレスだと思うし、わたしの職務経歴書はめっちゃ受けがいい。外側から見ても面白い職業人生だと思う。
この先わたしは、会社組織の中で働くことはないと思うけれど、未来もキャリアチェンジはし続けたいと思ってる。

カウンセラーを辞めるとかじゃなく、この経験を糧に新しいビジネスを展開出来たら面白いだろうなと思うし、今はまたぼんやりと目指す方向が見えてきたところ。
そんなこと言っても現実は厳しいよ、と人は言うかもしれない。そりゃあ甘くはないとわたしも思う。
でもなんとかやってきたし、自分の成りたいものを適えてきた。
厳しいのは楽しい。だから適えたいと更に思う。

もう40過ぎたからとか、専業主婦だからとか、ブランクあるからとか、どうせ自分にはできないとか。
色んな言い訳して自分のやりたいことをしないでいるのはもったいない。自分の夢も希望も、適えてあげられるのは自分だけだから。
だからって無鉄砲に会社辞めるとかは違うけど、やりたいことがもし今あるなら、やれる方向で進めばいいと思う。

・・・
どうやってその夢を叶えるのか、何から始めたらいいのか・・・
そもそも自分が何をやりたいのかわからないということも。
そんな時は、ぜひお試し無料電話カウンセリング(40分)をご利用ください。こちらから発信するので通話料も無料です。
ご予約はこちらから。お急ぎの方はお電話を→090-5054-3117(岩橋)
 *電話に出られないことがあります。留守番電話にメッセージを残していただくと、折り返しお電話差し上げます。

あなたの人生をもっと豊かに。
そのためにお気軽にご利用くださいませ。
YourRoom3.3.7Besayは、あなたのお部屋のように、気楽に寛いでいだくルームです。








posted by いわはし みなえ at 20:28| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

本気で生きやすくなる

このブログも「あなたの生き方支援」とタイトルをつけてるんだけど、わたしのカウンセリングは「生き方」そのものにスポットを当てることが多いんだなと、最近自覚しました。まぁ今更なんですけどね💦
わたしは「生き方」に拘って、このルームをオープンして、今月で7年になります(実は周年イベントが間に合わなくて来月になりそうです、ごめんなさい)
それで、何でそんなに「生き方」に拘ってるんだろうなと、ちょっと考えてみました。

だってカウンセリングの悩みって、もっとスポット的な事が多いんです。人によっては、その何か特別なスポットの専門カウンセラーと名乗ってるし。例えば『恋愛カウンセラー』とか『夫婦生活カウンセラー』とか。最近面白いなーと思ってウォッチしてるのは『不倫カウンセラー』とか。
元々はわたしも、摂食障害の女性や、アダルトチルドレンを対象にカウンセリングを始めました。色んな成功本にもビジネス書にも『得意分野を絞る』と書かれていたので、自分のカウンセリングの原点でビジネスをしようと思ったからです。

でも結局、摂食障害も、恋愛も、夫婦生活も、仕事も、対人関係も、不倫も、その人の『生き方』次第で苦しくなったり楽になったりするんだなぁって思い始めて、アダルトチルドレンとか毒親の影響とかも、生き方を決定するまでのプロセスなだけで、そこばかり掘り下げてああだこうだ言っても自分の生き方は全然良くならなくて、結局「自分の生き方を変えよう」って決意だけが人を変えていくんだなーと思うんです。

で、決意はしてるけど、自分で色々本を読んだりセミナー出たりしてるけど、その時は上手くいく気がするけど続かない…という人達がわたしの元に現れるわけです。みんなすごく努力家で一生懸命で、血のにじむ努力をしてきた人たち。だからわたしは、その人たちの頑張ってきた軌跡を辿り、称え、時に一緒に泣いたり笑ったりします。

でね、思うんですよ。人ってそんな簡単に変われないんですよ。一瞬で変れたら素晴らしいと思うけど、生まれてきて生きるために染み付かせてきた今の生き方を、そう簡単に捨てられるわけないんですよね。
だからわたしがいるんです。横で一緒に走る伴走役。でも頑張り屋さんに限って一人でどうにかしようとしちゃう。だからカウンセリングの扉をノックするのが最後の砦みたいになっちゃう。

わたしは目の前で、たくさんの方々の生き方が少しずつ変わって、幸せになって羽ばたいていく姿を何年も見続けてきました。
だから自信を持って言えるんです。
「あなたは変われるのよ」と。
それをあなたが信じるか信じないか、途中で投げ出さないか、ついてこれるか…それはあなた次第なんですよね。わたしが代わってやってあげられないし。

だからね、わたしのカウンセリングを受ける方には「覚悟してきてくださいね」と言います。
わたしも命を懸けて、日々カウンセリングをしています。でもわたしがどんなに頑張っても、生き方を変えるのはわたしじゃないので、その覚悟をして来てほしい、そう思います。
逆に覚悟決まってない人は、最初にそう言っていただければそれなりのカウンセリングもしますけど(凌ぐことも大事ですからね)きっとわたし、覚悟が決まってない人のカウンセリングって、あんまり好きじゃないんだろうなーと最近つくづく思います。

なので、わたしのクライエントさんはわたしが決めさせていただいてます。

生意気言ってすみません。そのための『初回無料電話カウンセリング』をさせて頂いてますのでご利用ください。
無料だからやってみよう、でも良いですけど、本気じゃない方はこちらからお断りすることもありますから、本気でどうにかしたい人、生き方変えたい方、お待ちしてます。

それで最近思うんですよね「ああ、わたしってかなり本気で仕事してるなぁ」って(笑)
クライエントさんの成長スピードも、数年前より格段に速くなってる気がします。それほど本気の方が増えてきたんだと思うし、良い仕事できてるんだろうなって思ってます。ありがたや。

でね、ホントに本気なら、本当に変わりますから。
なんかわたし、6月に入ってけっこうヤル気スイッチ入ってますね(笑)

・・・
本気で生き方変えたい方、初回無料電話カウンセリングをご利用くださいね。ご予約はコチラから、若しくはお急ぎの方はお電話ください。
090-5054-3117(岩橋)*電話に出られないことがあるので留守録にメッセージを残していただければこちらから折り返します。
カウンセリングルーム「YourRoom 3.3.7Besay」について、アクセスや料金はコチラからどうぞ。

★お知らせ★
LINE@がLINE公式アカウントへ移行するために、今月どこかで作業するために、LINEが繋がりにくいかもしれません。
1対1トークなどで既読にならない場合、恐れ入りますがメールかお電話ください。

★ちょこっとCM★
わたしが心理監修を担当した婚活本、絶賛発売中です!一応『再婚』の括りになってますが、初婚の方でも十分楽しめる内容です。
婚活コーチも密かに承っております、ご興味ある方はご一報くださいね。

『幸せになる再婚のための10のこと/デュエイナ・C・ウェルチ(著)、岩橋泉苗(監修)&2その他
 *ぜひレビューも書き込んでくださいね!*
51VEuy7Ra-L._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

posted by いわはし みなえ at 15:34| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

嫌悪こそチャンス

わたしは初対面から何となく「苦手だな、嫌いだな」と思う人には、とりあえず近づいてみることにしている。
わざわざ苦手で嫌いな人に近づくなんて、自分のストレスを増やすだけにしか見えないかもしれないけれど、苦手な人というのは、何故か興味をそそるからだ。
何かされて嫌いになるのではなく、最初から何となく苦手意識を持つ人、鼻に着く人。誰でも思い当たるだろう、理由なく嫌いな人。

例えば芸能人や有名人、なんとなく嫌いな人ほどウォッチしたくならないだろうか。
自分の中の何かのセンサーが引っかかってる。イチイチ気になるし目が離せない。そしてつい、文句を言ってしまう…

それでいつも思う「何故わたしは、こんなにあの人が気になってるんだろうか」と。
なのでとりあえず、お近づきになってみることにしている。

間違えないでほしいのは、近づいても「好きになろう」としないこと。自分の感情に嘘をつかないでほしい。
嫌いなまま、その嫌いな理由を探しに行けばいい。なんとなくゲームを攻略するような気分にもなるので、暇なときは嫌いな人に近づくのが割と楽しかったりする。最近じゃ自分は相手が嫌いでも、相手の心に入り込むなんて特技も身に着けた。なのでやる気満々で嫌いな人に近づく。

よく心理学を少し学んでる方から「相手を嫌いと思うのは、自分の嫌なところを『投影』してるからでしょうか」と尋ねられることがある。
投影とは、相手の中に自分を映し出すこと。この場合、自分自身が嫌いな癖や生き方を、嫌いな相手の中に見出してしまうこと…つまりそれは、自分にも該当する悪い癖の『気づきのチャンス』と捉えたいというところだろうか。

投影もあるかもしれないが、別に嫌いの理由が正当である必要はない。
先と言ってることが矛盾しているように聞こえるが、嫌いなものは嫌いなんだし仕方ないとも思う。そして嫌いな理由があれば正当であれば、自分が感じている感情の言い訳にもつながるために『投影』は使いやすい言葉と思う。だって相手の(理由なく)嫌いなところは、自分自身の嫌いなところに該当するから、相手を嫌うのは相手のせいではない。むしろ自責とも捉えられる。でもそれってちょっと無理矢理感があるので、わたしはあまりお勧めしない。
例えば、匂いが嫌いとか、仕草が落ち着かないとか、瞬きが嫌とか、不潔とか、単に異性だからとかいう理由で『嫌い』もありうる。別に『嫌い』という感情を悪にしなくていい。好きであることが正しい事でも、人として当たり前のことでもない。感情は湧いて出るもの、そのことを胡麻化してほしくない。

また『嫉妬』からの嫌悪もある。これは自分が感じてる嫉妬を隠すので、表には『嫌い』という感情が現れる。
嫉妬、いいんじゃないのかな。羨ましい、憧れる、は、自分が及ばない少し遠いところにあるけれど、それより近いところにいる人は『嫉妬』してしまう。嫉妬は大いに自分を伸ばせるチャンスだと感じるので、嫉妬の存在が現れると、わたしは心でガッツポーズだ。嫉妬の対象に近づく努力ができるということは、目標が出来たことになる。

更に自分の固定観念から嫌いと思うこともある。こうあるべきという自分の道徳が見た目で外れてる人(40代でミニスカートを履いてる、奥さんなのに露出してる、いい歳のオジサンなのに髭もそらない…などなど)を毛嫌いする人もいる。これはわたしの母がとても強くて、10代の頃はわたしも母の影響で、ものすごく固定観念が強かったし、嫌いな感情から他人をジャッジする癖が強かった。

色んな理由で、人は第一印象で相手を見定め、好きか嫌いを判断して生きている。
好きな人は別に問題ないのだから、嫌いな人ほど少し近づいてみることをお勧めしたい。そうしたら自分の『囚われ』が見えてくる。なにかそこに自分の生きづらさがあるのかもしれないし、本当に単に相性が悪いのかもしれない。本能で危険を察知することもあるだろう、人間だって動物なんだから。

そうして、少しだけ近づいて色々学べたら、その後の付き合いは自分次第。
相手の『嫌い』が分かれば攻略方法も見つかるかもしれないし、カウンセリングで相談することもできる。避けられない相手なら、ぜひ対応や攻略を考えてみるといい。

一番良くないのは『嫌い』という感情を持つ自分を責めたり、嫌いの感情を悪だと見なすこと。
人間なんだから、どの感情も素晴らしい財産、無理に捨てたり隠したりしないで、大事に扱おう。それが出来るのは自分だけなのだから。

・・・・

あなたはどんなことで生きづらさを感じていますか?

そろそろ新入社員は研修を終えて、現場に配属される時期です。新しい環境にストレスを感じていますか?また新入社員を迎えるベテラン社員も、昇格して上司になった方も、それぞれにストレスが強まる時期ですね。
ご家庭でもお子さんが進学したり、旦那さんの立場が変わったりして、奥様も気を遣う時期です。共働きなら尚更、自分の事も家族の事もめいっぱい大変な時期でしょう。

話せば楽になることもたくさんあるし、一緒に考えることで、よりよい解決策を見出すのが『カウンセリング』です。
わたしのカウンセリングスタイルは、少し他のカウンセラーと違うのかもしれません。カウンセラーとは相性も大切です。

初回ご利用の方には、お電話での『初回無料カウンセリング』をご用意しております。カウンセラーから発信しますので通話料も無料です。
40分間、あなたのお話をお聴きして、どんな対応ができるのか、カウンセリングがどのように役立つのかをご説明いたします。もちろん無理なご継続の勧誘はありません(一度で納得して悩みが解決される方もいます)

ぜひお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください(カウンセリング中は電話に出られないことがあります、留守録に電話番号とメッセージを入れていただくと折り返しお電話します)*なお、お問合せご予約の際の通話料はご負担ください。折り返しご希望の方はその旨お話しください
090-5054-3117 (岩橋)

初めてのご相談、お聴きできますのを心からお待ちしています。

LINEのトークでもお問合せご予約可能です!
↓から友達登録してくださいね。
ja.png


【ちょこっとコマーシャル】
岩橋泉苗心理監修の婚活ブック、絶賛発売中!
書店で買えないという声が多いようです、アマゾンでは買えない事情の方はご一報ください。当ルームからも販売いたします。
💛婚活カウンセリングも、恋活カウンセリングも好評継続中です💛


楽天でもアマゾンでも購入できますよ!
posted by いわはし みなえ at 10:42| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする