Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2020年02月04日

時空を超える旅➂

今日は少し意味不明なことを綴ります。
ある一部の方に向けて。

ピンときたら、それはあなた宛てへ書いてます。
そうです、あなたです。

世界が今まで体験したことのない事が起き続けています。
異常気象、新型コロナウイルス。

『これが本当のノストラダムスの大予言』とか『世紀末』とか『地球のポールシフトが起きてる』とか、色々言われてます。
私のクライエントさん達も世界各国にいらっしゃいますので、その土地のニュースを見ては、その方がお元気でお過ごしなのか気になります。
仕事柄、こちらからお伺いを立てるような連絡をするのは控えていますが、どうかご無事でお過ごしで在りますように。

この異常現象も、時空を超えているという方もいます。
アトランティスやムー大陸など、突然消えた古代文明と同じことが起きるとか。

私はその辺のオカルト的?スピリチュアル的?な事はよくわかりませんが、何が起きても(また起きなくても)それはきっと必然で起きていることなのだと感じています。
私達は、今まで自分に課していた観念の枠(思い込み)を取っ払い、自分の無限の可能性に気付くべき時代に入っているとも感じています。

街で宇宙人に出会ったとしても、自分の家族が異星人だったとしても、東京が沖縄みたいに南国になっても、山が海の下に沈んだとしても、そうゆうことが「起きるかもしれない」と想像することが、これからの私達にとっては必要な事だと思うのです。

もっと楽しい発想でもいいのかなとも思います。むしろ楽しい発想をしてほしいです。わたし自身も。
例えば、どこでもドアが本当に出来るとか、世界のあらゆる病気が全て治療可能になるとか、使いきれないほどの大金を宝くじで当てるとか。
わたしなら、夢見ていたBesay村が設立されて、スナックみなえをオープンして、好きな車5台くらい保有してるとか(笑)

自分の可能性を止めない時代。
願えば叶う時代。
それを心から体験できることこそが、時空を超える旅です。

そんなことは私が10代のころから言われていて、スピリチュアルに傾倒する人たちを「ニューエイジ」と呼んでいました。
当時は日本ではまだスピリチュアルがオカルトと同じジャンルで、そのことを学ぶにも数少ない洋書で学んでいました。
だけど私も半信半疑でした。
だからこそ解明したくて心理学の道へと進みました。
多くの心理学者が、最後はスピリチュアルに傾倒してきた歴史を知り、そこでトランスパーソナル心理学というものに辿り着きました。
今は、スピリチュアルだの現実的だの心理学だのと、ジャンルに拘る事自体がバカバカしいと感じています。
どうでもいいし、どっちでもいい。

ただ、私達が日々、幸せであると感じられることが、とても大事なことです。
なりたい自分になったり、したいことができたり、色んな感情を味わい尽くすことです。
そんなあなたに、ぜひ近づいていただきたい、そう願っています。

わたしたちは何者でもあり、何者でもなく、何者にでもなれます。

  虐待に合った不幸な生い立ちだから

  お母さんに愛されなかったから

  機能不全家族の元で育ったACだから

  頭が悪いから

  不細工で可愛くないから

  男だから

  女だから

だから愛されない、だから幸せになれない。
そう思うのは、自分の観念の枠です。
その観念の枠をまずは外すこと、そして時空を超えて、過去や未来を回想すること。
そして、今の自分をあるがままに愛することが出来ることができたら、どんな気持ちでしょう。

未来を恐れず、過去を悔やまず、これからの自分を好き勝手に想像し、そしてそれが手に入る。
ひとりひとりが幸せを感じる世界は、その個人が時空を超えます。

この世紀末のような世界に、あなたがまず幸せを感じる世界。
それがわたしの出来ること、この生きている意味と役割と信じています。

きっとカウンセリングで、そのお手伝いが出来ます。
誰でも来なくていい、ピンと来た方は、お気軽にお電話くださいね。

『何度でも無料電話カウンセリング』継続中です!
おひとり一日30分、無料の電話カウンセリングをご利用いただけます。
詳しくはコチラ→https://besay.webnode.jp/

お電話お待ちしています!(090-5054-3117 岩橋)

なかなか電話が通じないとお叱りを受けてますが、繋がることもありますよ(ホントですよ)
諦めずに電話チャレンジしてください。

・・・

最近ブログをなかなか更新しないので、クライエントさんに「みなえさん元気ですか?今年もスキー三昧ですか?」
と度々聞かれていますが、おかげさまで元気でスキー三昧しています(笑)

DSC_0627.JPG

ワーカーホリックで、共依存で、アダルトチルドレンで、摂食障害で、アウトローな人生だった私でも、好きな仕事が出来て、理解ある夫がいて、好きな趣味に没頭出来て、そして理解あるクライエントさんに見送られて、好き勝手なルームオープンでもこうしてカウンセリングルームを続けられてます。
ほんとにほんとに、みなさんありがとう。

2月4日は新しい始まり。
またお話ししていない方との出会いを楽しみにしています。
でも何故か古い付き合いの方々とも、再びお話しできる気もしてます。
どちらも楽しみです。


posted by いわはし みなえ at 10:24| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: