Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2019年07月30日

枠にはめない自分

わたしは周りからも自由な人だと思われ、時に憧れ、時に嫉妬の対象として見られる。
夫がいて、好きな仕事が出来て、経済の心配はない(たぶん…我が家は夫が家計を切り盛りしている)
そしてかなり自由だ。
冬は仕事をたくさん休んでスキー三昧(これも理解あるクライエントさんと契約先のおかげです、感謝)
夏は夫を置き去りに一人旅をしたり、友達と遊んだり。
秋は一週間、一人でタイへ。

それだけで、わたしの年代の女性からは羨望でありやっかみの対象なんだそうだ。

少し若いころは、子供がいないことで「お気の毒」と思われていた。婦人科系の病気で2度手術しているので、勝手に「子宮を取ったんだよね、だから子供は授からないんだよね」と言われることもあった(子宮は温存しています。子供を持つか持たないかは個人の自由ですよね)

どっちもわたしで何にも変わらないのにね。

わたしは前にpostしたリア充のブログでも書いたけど、人に「あなたはこうですよね」とカテゴライズされるのがすごく嫌い。
でも最近わかってきたのは、あなたはこうですっていうカテゴライズに対して「あーそんなものはどっちでも良くて、それで何が楽しいの?」みたいな、割と適当な受け止め方をしたいなぁってこと。

カテゴライズされて「いやそれ違うから!」って怒ってるわたしは、人に見せない自分を自分で知ってて、だから自分はそのカテゴリーじゃないってわかってて、でもそれは『人に見せないんだから』外側からはわからないわけで。
だけど「見せてないけど違うから」ってプリプリしていて(笑)
なんかバカみたいだなーって思うわけです。

物質的価値観で判断されるのも、他人と比較して言われるのも、今も嫌いに変わりはないけれど。
どうせ相手にわかりっこないことに腹を立てるより「そう見えるのは面白いことだね」って笑えるようになれたらいいな。

どうせわかってもらえないことを、自分が一番わかってる。それでいいじゃない。
そんな気持ちです。

わたしに欠乏しているのは、ユーモアのセンスだなぁ。
なんか今日はひとりごとです。

・・・
初回無料の電話カウンセリング(40分)を実地していますが、現在の無料カウンセリングの形態は2019年9月末までとさせていただきます。
まだご利用ではない方は、ぜひお試しください。
Besayのホームページはコチラをクリック
お急ぎの方はお電話で→090-5054-3117(岩橋)
 *ただし電話に出られないことがございます。その場合は再度チャレンジくださいね。
posted by いわはし みなえ at 10:50| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: