Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2019年03月30日

伝わらない

女性に多いけれど、家族や恋人に『自分の要望を伝えたけど伝わらない』ってお悩み、わかるなと苦笑いしながらいつも聴いてる相談。

確かに言ってる方は正論で、間違えなくて、自分の意思を明確に伝えてる。
だけど相手に聞き入れてもらえない、伝わらない…自分ばかりが一生懸命になってる気もするし、相手にバカにされてる気分になる人もいるし、そもそも聞かない相手が悪いって話にもなる。
何故だろうね。

男性はビジネスで、同じようなことが多いみたい。上下関係があると尚更相手のせいにしがちだし、言ったからって諦めて終わりになりやすい。
それでいいのかな?

自分の主張をして、それで終われることなら別に良いと思う。アサーションとかそうだし。
自分はこう思ってるんだよって、発言してスッキリする。それでどう思うのかは相手の問題、自分が適切に、言いたいことを言えることが大事なときは、それでハナマルだと思う。
でも解決しなきゃいけないこととか、相手にちゃんと理解してほしいこととか、話し合いが必要な事とかは、また別だよね。
そう別なの。なんでそこ、一緒にしちゃうのかなぁって思う時がある。
「自分はちゃんと伝えたんだから、受け取らない相手が悪い」とかね。後になって「だからあの時言ったじゃん」とかね。

それって、相手の責任かな。
伝える側は、伝えようとコミットしてるのかな。

受け取らない相手のせいにするのは簡単。
それで相手だけが損をするなら、それでもいい。
でもあなたが自分事として、相手に伝えたいことは、もっとちゃんと伝える努力しても良いんじゃないのかな。

なかなか受け取ってくれない相手に、どんな工夫をして投げかけたんだろうか。
自分のやり方が一つしかなくて、それだけで伝えようとして伝わらなくても、それは相手のせいなのかな。
そりゃたまには、相手がどうしようもなく悪いこともあるけど…もしそうなら、その人が自分の人生のキャストに必要な人なのかを再度考えてみてほしい。別に一生懸命にならなくても良い関係かもしれない。仕事だから仕方ない、お付き合いだから仕方ないって思ってるのは自分で、不要な関係なんか、どんどん捨てても良いんだもの。

伝えるのは、口頭だけじゃない。メールだってLINEだって、使えるものフルに活用すればいい。
大事なのは『伝わる』ことであって、あなたが『言った』ことじゃない。ちゃんと伝えるの、相手が忘れちゃったらまた伝えるの。
何度でも伝えればいいの。だって大事な事だもの。

「私が言ったことを、ちゃんと聞いてくれない」って嘆く前に、聞いてもらえる人になろうよ。
言い方だけじゃない、態度だったりシチュエーションだったり、言う回数だったり。
どれも大事、色んな工夫が必要。
そもそも本当は「私なんかの話を誰も聞いてくれない」って心で思ってる人は、当然聞いてもらえない。
自分が自分の声に耳を澄ませないで、どうして相手が話を聞いてくれるのか不思議。
あなたの心の声は、あなたしか聞こえない。ちゃんと自分に伝えてる?やりたいこと、食べたいもの、好きな事や嫌いな事…

わたしはよくカウンセリングで『自分軸』の話をするけれど、自分の主軸がないから、いつも相手に振り回されるんだよ。聞いてないって言われちゃうんだよ。自分が伝えたいことをしっかり明確に、何度でも伝えよう、色んな表現で、色んな方法で。創意工夫しよう。
それでもだめなら、伝えたい相手は自分に必要な人なのか、もう一度考えてみよう。
伝えたいと思う、自分にって必要な人なら、伝わるまで頑張ろう。
伝え方のバリエーションは、一緒に考えよう。

・・・


そんな風に、ただ慰めだけじゃなく、前に進めるカウンセリング。
あなたにとって良い時間となりますよう、いつも心を込めて承っています。
初めてご利用の方には「初回お試し無料カウンセリング」お電話40分間、通話料も無料のカウンセリングをご用意していますので、お気軽にご利用ください。

ja.png
LINEでは、ご予約についてのお問い合わせやご質問を承っております。またお友達になっていただくと、不定期にお得な情報をお知らせします。ぜひ友達登録してくださいね。
1対1トークもできます(LINEでのカウンセリングは行っておりませんのでご了承ください)


・・・
岩橋泉苗・心理監修担当の、婚活ブック
『幸せになる再婚のための10のこと』
好評発売中です!
婚活、再婚に限らず、女性が幸せに輝くためのノウハウがぎっしり詰まっています。
著者は心理学者で、自身の体験をもとに綴られていて読み応えのある一冊です。

51VEuy7Ra-L._SX339_BO1,204,203,200_.jpg


posted by いわはし みなえ at 10:15| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: