Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


2019年03月30日

伝わらない

女性に多いけれど、家族や恋人に『自分の要望を伝えたけど伝わらない』ってお悩み、わかるなと苦笑いしながらいつも聴いてる相談。

確かに言ってる方は正論で、間違えなくて、自分の意思を明確に伝えてる。
だけど相手に聞き入れてもらえない、伝わらない…自分ばかりが一生懸命になってる気もするし、相手にバカにされてる気分になる人もいるし、そもそも聞かない相手が悪いって話にもなる。
何故だろうね。

男性はビジネスで、同じようなことが多いみたい。上下関係があると尚更相手のせいにしがちだし、言ったからって諦めて終わりになりやすい。
それでいいのかな?

自分の主張をして、それで終われることなら別に良いと思う。アサーションとかそうだし。
自分はこう思ってるんだよって、発言してスッキリする。それでどう思うのかは相手の問題、自分が適切に、言いたいことを言えることが大事なときは、それでハナマルだと思う。
でも解決しなきゃいけないこととか、相手にちゃんと理解してほしいこととか、話し合いが必要な事とかは、また別だよね。
そう別なの。なんでそこ、一緒にしちゃうのかなぁって思う時がある。
「自分はちゃんと伝えたんだから、受け取らない相手が悪い」とかね。後になって「だからあの時言ったじゃん」とかね。

それって、相手の責任かな。
伝える側は、伝えようとコミットしてるのかな。

受け取らない相手のせいにするのは簡単。
それで相手だけが損をするなら、それでもいい。
でもあなたが自分事として、相手に伝えたいことは、もっとちゃんと伝える努力しても良いんじゃないのかな。

なかなか受け取ってくれない相手に、どんな工夫をして投げかけたんだろうか。
自分のやり方が一つしかなくて、それだけで伝えようとして伝わらなくても、それは相手のせいなのかな。
そりゃたまには、相手がどうしようもなく悪いこともあるけど…もしそうなら、その人が自分の人生のキャストに必要な人なのかを再度考えてみてほしい。別に一生懸命にならなくても良い関係かもしれない。仕事だから仕方ない、お付き合いだから仕方ないって思ってるのは自分で、不要な関係なんか、どんどん捨てても良いんだもの。

伝えるのは、口頭だけじゃない。メールだってLINEだって、使えるものフルに活用すればいい。
大事なのは『伝わる』ことであって、あなたが『言った』ことじゃない。ちゃんと伝えるの、相手が忘れちゃったらまた伝えるの。
何度でも伝えればいいの。だって大事な事だもの。

「私が言ったことを、ちゃんと聞いてくれない」って嘆く前に、聞いてもらえる人になろうよ。
言い方だけじゃない、態度だったりシチュエーションだったり、言う回数だったり。
どれも大事、色んな工夫が必要。
そもそも本当は「私なんかの話を誰も聞いてくれない」って心で思ってる人は、当然聞いてもらえない。
自分が自分の声に耳を澄ませないで、どうして相手が話を聞いてくれるのか不思議。
あなたの心の声は、あなたしか聞こえない。ちゃんと自分に伝えてる?やりたいこと、食べたいもの、好きな事や嫌いな事…

わたしはよくカウンセリングで『自分軸』の話をするけれど、自分の主軸がないから、いつも相手に振り回されるんだよ。聞いてないって言われちゃうんだよ。自分が伝えたいことをしっかり明確に、何度でも伝えよう、色んな表現で、色んな方法で。創意工夫しよう。
それでもだめなら、伝えたい相手は自分に必要な人なのか、もう一度考えてみよう。
伝えたいと思う、自分にって必要な人なら、伝わるまで頑張ろう。
伝え方のバリエーションは、一緒に考えよう。

・・・


そんな風に、ただ慰めだけじゃなく、前に進めるカウンセリング。
あなたにとって良い時間となりますよう、いつも心を込めて承っています。
初めてご利用の方には「初回お試し無料カウンセリング」お電話40分間、通話料も無料のカウンセリングをご用意していますので、お気軽にご利用ください。

ja.png
LINEでは、ご予約についてのお問い合わせやご質問を承っております。またお友達になっていただくと、不定期にお得な情報をお知らせします。ぜひ友達登録してくださいね。
1対1トークもできます(LINEでのカウンセリングは行っておりませんのでご了承ください)


・・・
岩橋泉苗・心理監修担当の、婚活ブック
『幸せになる再婚のための10のこと』
好評発売中です!
婚活、再婚に限らず、女性が幸せに輝くためのノウハウがぎっしり詰まっています。
著者は心理学者で、自身の体験をもとに綴られていて読み応えのある一冊です。

51VEuy7Ra-L._SX339_BO1,204,203,200_.jpg


posted by いわはし みなえ at 10:15| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

他人の視線が怖い

「そんなことをしたらお父さんに叱られるよ」

なにかあればいつでも母にそう言われて育ったわたしは、多分20代前半位まで、非常に人の目を気にして生きてた。
人の目、特に年上男性の目は一番気になる。次に年上女性。
学校の担任は、何故かいつも男性だったから、とにかく担任に気に入られようと媚びるような子供だった。
まず相手に好かれることで予防線を張り、まずい事態に備えた。叱られるような事態になっても自分だけは多少軽減されるように、いつも相手の機嫌を窺って先回りして行動していた。
相手に嫌われない事、叱られない事、認めてもらえる事…わたしのアイデンティティは相手に任せていた気がする。

今は自分が自分を認めて、自分が好きな自分で在ろうと思ってるから、相手の機嫌を取ったりしない。
お蔭で強く逞しくなってしまって、可愛げが減ったと言われるけれど…それも自分が気に入ってるので悪い気はしない。

何故子供を叱るとき、自分の責任で叱れないんだろうか。

『お父さんに叱られるよ』『お母さんが怒るよ』『先生に言いつけるよ』『おばけがでるよ』

叱ってる本人の意見や感情は、台詞のどこにも出てこない。
子供の見本は大人だから、他者の責任で叱られて、そのまま他人の視線を意識するようになる。
他人の視線はどんどん拡大する。会社の上司、同僚、友達、隣の人、すれ違った人、自分を見た人…

あの人がわたしを批判した、いまあの人がわたしをみてバカにした、わたしのことをみんなが笑い者にしている…
笑われないように、バカにされないように、嫌われないように、綺麗な服を着て素敵なバッグを持って、しっかり勉強して、面白い話をして、目立つことはしないで、自分の意見は言わないで…

そんなに他人の視線を怖がってたら、自分のやりたいことなんか見えなくて当たり前。
だって、自分より他人の判断に委ねてる。
そんな人生、面白いのかな。

・・・

人の目が怖い『社交不安障害』という病気が在ります。
病名が付くほど辛い症状は、医師の手当てが必要です。わたしは重度の不安を抱えている方には、必ず通院をお勧めします。
治療と共にカウンセリングを併用したい方には、必ず主治医と相談の上、主治医からカウンセリングを利用する承諾を得てから、ご予約をお願いしています。医師の治療とカウンセラーの発言が食い違い、クライエントが混乱することを避けるためです。

まだ通院していない方は、初回無料のお試し無料電話カウンセリングにて一度ご相談ください。
どのような手当が必要なのか、わたしがどんなお手伝いが出来るかを、無料カウンセリングにてお話しさせていただきます。
お気軽にご利用くださいね。

・・・

岩橋泉苗が心理監修しました『幸せになる再婚のための10のこと』好評発売中です。結婚・再婚活動中の方、ぜひお読みください!
心理学者の著者のリアルな再婚活動より、幸せな再婚への近道が記されています。

・・・
ja.png

BesayのLINEも友達募集中。色々お得な情報やブログ更新情報などお届けします。ご予約に関するお問い合わせもLINEの1対1トークでどうぞお気軽にお声かけてくださいね(LINEによるカウンセリングは承っておりません、ご理解ください)
posted by いわはし みなえ at 13:37| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

【速報】岩橋泉苗心理監修「幸せになる再婚のための10のこと」出版!

51VEuy7Ra-L._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

遂に発売になりました!
心理学者の子連れ再婚の実体験をもとに書かれた婚活ハウツーブック。
わたしと、カウンセラー仲間の吉田英子ちゃんとの二人で、心理監修させていただきました!

初婚・再婚に関わらず、結婚したい方に絶対おすすめです!

なんだか慌ただしくてちゃんとご紹介できませんが、とりあえず無事に出版されたのでお知らせです💛
ぜひ周りの婚活中のお友達にもご紹介くださいね。
わたしは作品の合間合間に『心理カウンセラーが教えてくれる婚活成功のヒケツ』というコラムも書かせていただいてます。

アマゾンでも買えます✌
本屋さんで手に取っていただくのも嬉しい!
そしてレビューとか書いていただけると泣いて喜びます!

LINE@抽選で書籍プレゼントも企画していますが、まだ追い付かず・・・💦
ごめんなさい!

ぜひぜひお手に取っていただきたいです。よろしくお願いします^^
友達登録がまだの方はこちら↓
ja.png


posted by いわはし みなえ at 16:28| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする