2016年08月27日

心も身体もダイエット!

ダイエット前の準備段階3日目。
10月に予定している台湾旅行で心置きなく食事できるように、9月からダイエット開始するため準備に入りました。少しずつ食事を変えてお酒の量を減らします。

女が40過ぎると「太った」話と「昔痩せてた」話をよく聞くんですが、たぶん女性ってホルモンバランスの影響で、普通に暮らして中年になったら体重増加するもんなんでしょうね。

元々太りやすい体質な上に、代謝が悪くなる持病を持っているわたしは、昔から気が緩んだらすぐ太ります。もう体形維持をあきらめたこともあったんですが、やっぱり太ると身体が重いし体調も悪いです。結局自分が苦しいのでダイエットすることに。
痩せてることが良いとは限らず、太ってることが悪いとは思いません。自分がどこが快適かを常に考えて、自分のベストを保つことが大事です。

ダイエットについても、仕事柄いろんな方のお話を聴きます。
「痩せたいけど痩せられない」「昔は10キロ痩せてたのに…」「食べることを抑えられない」などなど・・
そうしたいけどできないジレンマは、葛藤であり悩みですよね。
もちろんカウンセラーですからお話をお聴きします。
でもひとつお尋ねしたいのです。

「それで、あなたはどうしたいのですか?」

ものごとは「Be(決める)+Do(行動する)=Have(手に入れる)」の法則で、結果を出します。
「あなたはどうしたいの?」=「あなたのBeはなんですか?」
出来ない言い訳や今の自分を嘆いて、過去の栄光に浸ってるのではなく、あなたはいま、どうしたいのか?これがとても重要だと思います。

わたしは過去、摂食障害に陥ったことがあります。摂食障害が及ぼす身体的な苦痛も体験しました。なので痩せればいいってことではないこともわかっています。
おそらく摂食障害だったころのわたしは
Do+Do=Do
だったんでしょうね。取り憑かれたようでした。どんな自分がベストなのか、どこまで痩せたいのか、どんな身体で居たいのか・・まったく考えていませんでした。食べない行動(拒食)を続けること、もしくは食べ続ける行動(過食)を続けることで、その時間をやり過ごしていた気がします。
だから身体がボロボロになって倒れてしまったんでしょうね。

今、わたしは着痩せするせいか、自分の体重を告げると「けっこう重いんだね」と言われます。
骨太な上に筋肉を付けているので、確かに重いのでしょう。昔はその体形が嫌で、とにかく体重を軽くすることばかり考えていました。ウエストが細く折れそうな体や、鉛筆みたいな細い足に憧れていました。
今はそうではなくて、しっかり筋肉が付いた丈夫な身体で、持ってる洋服が少し余裕がある程度のウエストになりたいと思っています。同じウェイトなら、身体に不要なものではなく必要なものを持ちたいです。

今はちょっと不要なものを持ちすぎているので、ちょっと落として軽くして、そして旅先で美味しいものを食べて、帰ってきたらまた落とす作業をしようかな。
不要なものを最初から取り入れないという考え方もあるけれど、せっかくの旅で美味しいものを食べないのは寂しすぎます。わたしはそうして自分を甘やかしたり厳しくしたりしながら、自分の身体を作っていくのが、いまは割と楽しいのです。
そんなわけで、本格的なダイエットの前の準備、少しだけ昨日より今日は身体が軽い気がします。気のせいじゃなきゃよいのだけど・・(笑)

身体と心って同じだと思います。
いろんなものを抱えてしまう人は、身体にもため込みやすく(溜めるのは脂肪だけではなく、人によっては病気など)、リアルに物も捨てられないとか。だから断捨離なんて流行るのかもしれませんね。ものを捨てるのは視覚的にも効果抜群ですもんね。

わたしにカウンセリングでは、単に傾聴だけというスタイルをしません。
時には厳しくチャレンジします。心の不要物を捨てるのが良いと分かっていてもできない人には、容赦なくチャレンジしますよ!(だから、一部の方にはスパルタカウンセリング?とも呼ばれていますが・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなカウンセリング、ちょっと怖いけど興味ある・・という方は、どうぞ無料の「初回お試し電話カウンセリング」をご利用くださいね。カウンセラーや療法と合う・合わないは、実際に取り組んでみなくてはわかりません。そのため初めてご利用の方には初回40分の無料電話カウンセリングをご用意しております(日によっては当日予約も可能です!当日ご希望の方は、必ずお電話でお尋ね下さいね)
はじめてのあなたと、お話しできますのを心より楽しみにしております。




posted by いわはし みなえ at 10:57| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

あなたのために

わたしのルームには、自分の育った環境で大きく傷ついたことが原因で、いまの生きづらさに繋がっている方々が多く訪れます。過去の環境のせいではない、親のせいではないと思っていても、振り返ってみると確かに幼いころの状況が今に繋がっていると気づく方も多いようです。

なかでも多いなぁ〜と思うのが、親や周りから『あなたのために』と言われて育った経験のある方。
わたしもそうでした。「みなえのために」「お姉ちゃんのために」とずっと言われて、相手はわたしのために骨を折ってくれていると思い、それに報いようと必死でした。

でも今は『あなたのために』は呪いの呪文だと思っています。本気です(苦笑)

呪いとか言うと「親が子供のためを思ってなにかしてあげたり、言ったりしてはダメなんですか?」と尋ねられることも多いです。怒る方もいます。ダメとは思っていません、子供に良かれと思って何かしたい親心はよくわかります。でもそれは子どもの「あなたのため」ではなく、実は親である「わたしのため」なんです。

『あなたのため』という言葉を使うと、一見美しく自分の希望を相手に強要できると、わたしは思います。また『あなたのため』と言うことで、相手より一段高い目線から指導的に話すこともできるので、親子の間ではよく使われるのではないでしょうか。
もちろん、会社の上司や部下、友達同士、夫婦間でも、同じことです。

相手を思いやっているフリをして、自分の希望を強要する呪いの呪文です。言われたほうは『相手がわざわざ自分のために言ってくれているのだから』と、相手の希望を受け取って望みをかなえようするか、受け取れない罪悪感を感じてしまうでしょう。そうやって相手の意志に、知らずに巻き込まれてコントロールされてしまうのです。特に上下関係が大きければ大きいほど、自分の意志とは関係なく相手の思考に支配されてしまうでしょう。

わたしは、本当に相手を思うなら、相手がどうしたいのかにとことん付き合って、相手のコミットメントを尊重し、背中を押してあげたいです。相手の思考が、ネガティブだったり逃避的だったりすることもあるかもしれませんが、その時は『あなたのために』というコントロールではなく、たとえば「それは、わたしは、本当の気持ちから逃げてると思うよ」などと、自分の意見として伝えたいです。自分の意見(わたしは・・で始まるIメッセージと呼びます)を的確に伝えてられれば、『あなた』と『わたし』は対等です。わたしは、親子や上司と部下、夫婦の関係でも、できるだけ『対等な目線』でお話したいと願っています。

しかし、自分の意見であるIメッセージとは、それまで経験していなかった方にとってはとてもハードルの高い高度なテクニックに見えるようです。いままで他人の定規を自分を合わせて生きてきた人は、自分の定規がどんなものかがわからないのだと思いますが、定規を持っていない人はいないとわたしは思います。
あなたの定規はどんなサイズで、何色でどんな素材なのか、知りたくはないですか?カウンセリングでは、そんなあなたの定規探しのお手伝いをさせていただいているのです。

そうゆうわたしも、いつも『他人にとって正解』の答えを準備する生き方を、20歳まではしていたと思います。今でもはっきり覚えていますが、20歳の時に、ある人と話していて「どうもみなえさんは、いつでもこちらが気分よくなる答えを言ってるように思えるんだけど、本当はどう思ってるの?」と聞かれたのがきっかけでした。
当時のわたしにとって『相手が気分良くなる返答』というのが会話の中での『正解』なので、その意味がわからずとても落ち込みました。わたしの中の定規がわからなくて、世間でいう常識やモラルの『正しさ』に当てはめ、いつでも他人の発言や行動をジャッジしては怒っていました。知らないことや間違えることがとても嫌で恥ずかしくて、尋ねたいことも尋ねられない性格でした。全て母親から『あなたのために』と言われ続けて学んだ生き方でした。人生の早い段階で気づけて良かったと、今は思っています。
あなたにも、気づけて良かったと思う瞬間を持っていただきたい、それがわたしの仕事であり希望です。

・・・
カウンセリングをご利用いただいた方からのメッセージを更新しました。よかったらご覧くださいね。
大変好評いただいております『お試し無料カウンセリング』継続中です。当ルームをご利用が初めての方に、電話カウンセリング40分またはEメールカウンセリング1往復を無料でご利用いただけます。電話カウンセリングは予約状況次第では当日受付もできますので、当日ご希望の方はお電話でお申込み下さいね(電話に出られないときは留守番電話にメッセージをお願いします。おかけ直しいたします)
初めてのあなたとお話しできますのを、楽しみにお待ちしています。


posted by いわはし みなえ at 11:52| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

わかってもらえている

uratukuba.JPG

5月からほぼ毎週登山をしています。
今年の目標は「走る」ことなのですが、実際に走ってみるとわたしの心臓は弱くて、足より先に、心拍数で長い距離を走れないことが分かったので、登山をしながらまずは心臓を整えようと思ったのがきっかけです。
山サークルの仲間で登山するのは月1回なので、他の週は筑波山に行っています。平日一人で行くことが多いので、同じようにひとりで筑波山によく来る人達と顔見知りになりました。

昨日もひとりで筑波山。本当は友達3名で行く予定だったけれど、前日の降水確率80%だったので中止に。だけどやっぱり山に行きたくて朝4時に起きて、雨予報の午後には下山できるタイムスケジュールで、ひとりで登ってきました。
筑波山も登山コースはいろいろあるのですが、わたしがひとりで登るのに好きなのは、裏筑波と呼ばれる「薬王院コース」
あまり知られていないせいか人が少なく、緑がとても濃くて神々しい気分になります。ひとりでよく登っている方も、メインは裏筑波を利用しているようで、昨日も下山途中に顔見知りに会いました。
いつもより早い時間に下山しているわたしに、いつも通りの時間に登ってきた顔見知りが気付いて少し立ち話。

いつもバラバラな曜日の平日に現れるわたしに、顔見知りが不思議に思ったらしく職業を尋ねてきたので、心理カウンセラーであること、自宅で仕事をしていること、ほかには契約企業の仕事などあるが、自分で休みは組み立てられることなどを話したら、その人が

「ああ、だから一人でこのコースなんですね」

と言いました。
なんだかその一言で、わたしはその人が、わたしの抱えているものを全部理解してくれたような、大きな安心感と、心が救われたような温かい気持ちになりました。

わたしの職業を知らない人がわたしが何者であるかを知ると、だいたいは最初に警戒します(苦笑)
心理職というと「心を見透かされてる」とか「しぐさで感情が見抜かれる」とか思うみたいですね。そうでなければ突然相談事が始まる人もいます。なぜか「先生」と呼ばれたりもします。
わたしはそのどれも、好きではありません。わたしは確かに心理職が生業ではありますが、仕事をしていない時間はわたし自身です。仕事がわたしのアイデンティティの全てではないし、むしろそこから解放されたくて自然の多いところに出向きます。ですが身分を隠したり、嘘をつくのも嫌いなので、尋ねられれば正直に答えます。それで嫌な思いをするわけですが・・

それが、このただの顔見知りの人は、わたしの職業の背景までを、たった一言で『理解してる』と伝えてくれたと感じました。

だから一人でこのコース・・
本当にそうなんです。
友達やサークルの仲間と一緒の登山も好きだけど、いつの間にかひとりでこのコースに来ることは、わたしの必要な時間になりました。あまり人と会わない静かなコースで、緑がまるで囁くように風になびいて、鳥が可愛い声で話しかけてくるようなこの登山道。
毎日たくさんの方の感情を聴くので、わたしは自分でも知らないうちに、心の底に澱のような秘密を抱えます。職業上守秘義務があるので、その秘密に鍵をかけて、誰にも見つからないように奥にしまい込みます。
その秘密を静かにひとりで手放せる場所が、わたしには必要でした。
今までいろんな方法で手放してたけれど、今はこの場所が特別で、ここに来ることがわたしの儀式で、癒しで、活力につながります。その背景全てを理解してもらったような、深い共感を感じました。
人が心を救われたと感じるのは、本当に一言なのでしょうね。言葉の奥深さを感じる瞬間でした。
そして、この顔見知りも、人の心を扱う作業をしてきた人なのかもしれないなぁ〜なんて・・ちょっと想像してみました。真実はわかりませんが、次に会ったら、それだけでなんだかわたしも元気が湧いてきそうです。

・・・・

わたしは論理療法でカウンセリングを進めるので、ほかのカウンセラーさんよりはおしゃべりなんだと思っていますが、こんな風に一言で、クライエントさんの背景を理解していることを伝えられるようになりたいなぁ。受容と共感は深いなぁと感じた瞬間です。
いつの間にか、目の前の人に受容と共感を持つことは当たり前になってしまって、自分を理解してもらえる場というのを失っていた気がしました。もちろん自分は自分が一番理解しているので、それでよいのですが。。
「ああ、わかってもらえている」と思える瞬間は、とても幸福なものですね。体験して自分を磨き、更にもっと深くクライエントさんに同じように思ってもらえる時間を作れたら、良い循環でわたし自身も成長できそうです。
カウンセリングをご利用になった方が、そんな心の安心感を、より感じていただけたら幸いですね。

・・・

さて、私事ですが、8月4日(木)より7日(日)はお休みさせていただきます。
パワーアップのための一人旅に出ますので、メールや電話のお返事が少し遅くなりますので、ご了承ください。旅でパワーアップしたら、そのパワーでみなさんに良い還元をしていきたいなぁ〜と思っています!
ご好評いただいております、お試し無料カウンセリングは、8月8日以降でご予約承ります。どうぞお気軽にお申込みくださいね。初めてさんとお話するのを、楽しみにお待ちしております。
posted by いわはし みなえ at 11:39| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする