Be(目標)+Say(語る)=美生(びせい) 
夢を語る美しい生き方を、ここから始めましょう。


初回お試し電話(40分)orメール(一往復)カウンセリング実地中!
TEL→090-5054-3117
(当ルームは不定休です。お休みだとрノ出られない場合がありますのでご了承ください。詳細はホームページをご覧ください。折り返しのご連絡ご希望の方は、留守録にメッセージをお願いします)

メールの場合はコチラのフォームからどうぞ!

2017年06月18日

身体からのサインに気づくこと

実は今日でファスティング5日目です。とは言っても3食とも断食するのは3日間で、昨日から朝と昼は断食、補食の玄米粥を夕食だけ食べてます。今日も夕食だけお粥、明日と明後日は軽めの夕食だけで、7日間で終了予定です。おかげで現在3.7キロ減量!昨秋の体重に戻り、少し身体が軽くなりました。

わたしが、冬は太って春にダイエットして秋まで維持するというのは毎年恒例なのですが、今回ファスティングを取り入れたのは急いで体重を落とさなくてはならなかったためです。実は今月頭から人生初の腰痛になり、一時は起き上がるのも辛かったので、腰のためにも体重落とさなくてはと思い立ちました。内臓の腫れも腰痛の原因かもしれませんしね。

腰を痛めて、毎日の生活ペースがすごくゆっくりになりました。何をやるにも、ひとつの動作がゆっくりです。それに朝30分は軽く身体をストレッチしないと起きれないので、生活リズム自体が変わりました。朝起きて、まず自分の調子を確認して、ベッドの上で足を曲げたり腰を捻ったり伸ばしたりしながら、恐る恐る歩き出し…更にリビングでストレッチをします。
そうしなければ動けないので仕方ないのですが、こうして毎朝丁寧に自分の身体と向き合うことで、自分の加齢や体力、自分自身の扱い方に向き合うことができた気がします。
痛みは最初、腰全般だったのが仙骨のあたりになり、今は右足の股関節の裏側というか、足の付け根の後ろ側が歩く時だけ痛みます。鎮痛剤がよく効くので(ということは、原因は心因ではないということですね)外勤の日や、長く歩く日は痛み止めを飲みます。治療は整体と鍼。去年の膝痛で病院はあまり信頼していませんので、できるだけ行きたくないのですが、鍼の先生がとても面白い方で、東洋医学や痛みの原因などのお話をしてくれて、とても楽しみな時間になりました。

こんなに自分の身体のメンテナンスを一生懸命するのは、もしかすると初めてのことです。
ここ3年くらいは、本当にガムシャラに、暇さえあれば山に登り、冬はスキーばかりして、メンテナンスのつもりでヨガをして満足していた気がします。思えばヨガも、やりっぱなしでケアとしてのストレッチはお座成りでした。何度も病気を経験して、身体のメンテナンスの重要性はよくわかっていたつもりなのに…全く楽しいことは一生懸命で、手入れをしない悪い癖です。

何でも詰め込んで、急いで生きていた自分は、ずいぶんスローペースになってたつもりでしたが、まだまだペースが早かったなと反省しています。軽自動車なのにずっと140キロペースで走ってて、車が壊れそうになってるような感覚ですかね。スピード違反で捕まえてもらえなきゃ、いつか事故にあって、自分だけじゃなく周りにも被害を出していた気もします。
腰痛はわたしにとってスピード違反でした。罰金を支払い(実際治療費はバカにならず…)急ぐことを諦めて、ゆっくり丁寧に歩くことを教えてくれました。
元気だとつい「あれもこれも…ああ、あっちもやってなかった、やらなくちゃ」と思ってしまうので、腰痛のおかげで最初から出来ないと諦めると、やってない罪悪感から解放されます。
だって腰が痛いんだもん♪(笑)

それから、人にあれこれ頼めるようになった気がします。
昔よりはずいぶん人を頼れるようになったつもりでしたが、まだまだなんでも自分でこなしていたいんだなぁって再確認しました。今は床に落ちているものひとつ拾うのも辛いので、夫がいれば夫に頼むし、できなければ置き去りにしています。それでも人は困らないし、生きていけるという当たり前のことに、なんだかハッとしました。どこかで「わたしがやらなきゃ」になっていた家事も、出来ないとGIVEしてもよいこと、頼めばちゃんと助けてもらえることを、再確認しました。

それでも良いお天気の日は「あーこんな日にお休みで筑波山行きたかった…」
なんて未練がましく思いますが(苦笑)
人間ですもんね、欲もあり絶望もあり、希望もあるもんです。

お陰様で腰痛は日を追うごとに楽にはなっていて、痛みもだんだん小さくなってきました。
突っ走りすぎると時々出る原因不明の高熱よりは、あれこれ出来るだけ腰痛でありがたい気もしますが、なんせ身体のかなめの腰なので、本当に切ないこともたくさんありますね(世の腰痛持ちさん、本当に辛いですね)

身体からのサイン、痛みというのはとても大事なことです。世の中に偶然がないとすれば、いったいどんな必然でそれが起きているのか…そのことを紐解けるのは自分しかいません。
わたし自身、癌になり手術、その後も二度の子宮の手術をして、橋本病と診断され、虚弱と言われ、そのたびに自分の身体と向き合っていたつもりでしたが、まだまだ自分の身体を大事にしていなかったことに気づきました。

梅雨のこの季節、不調が出やすい季節ですね。
そんなときこそご自身の身体と向き合う大切な時間を作りましょう。

・・・
ひとりで向き合うのも良いですが、カウンセリングで一緒に向き合うこともお勧めします。
ただいま初めてさんの「お試し無料電話カウンセリング」を継続中です。
初めて当ルームをご利用の方は、40分間無料でカウンセリングをご利用いただけます。当日予約はなかなか取りづらい状況ですが、取れる日もありますのであきらめずにお電話ください!お急ぎでない方はWEBからのお申込みが便利ですよ^^
初めてのあなたとお話しできますのを、楽しみにお待ちしています。




posted by いわはし みなえ at 09:16| Comment(0) | みなえ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

助けられるのは自分だけ

みちのく一人旅から無事帰りました。
今回は、ひとりと言っても、行く先々で友達と現地集合だったので、あまり一人旅っぽくなかったかな。
美しい景色と美味しいお蕎麦と、たくさん温泉に浸かることを目的に、ついでに今シーズン最後のスキーをするために、愛車ステラにスキーを積んで、ひとりドライブしながら東北へ行ってきました。

今回、わたしの人生でドン底だった頃を知ってる友人ふたりと再会したのですが、ほとんど過去に触れないどころか楽しい話題てんこ盛りで、めっちゃ笑ってホント楽しかったです。そうゆう友達の優しさに心から感謝します。わたしが、いまこうして元気で生きてることを喜んでくれる人たち。そんな友達がいることに、ただただ嬉しくて、わたしもはしゃぎすぎました。

少しだけ過去の話になり、
「あの頃みなえちゃん、もうすごい痩せててね…なんだかすごく疲れてて辛そうで…」
と言われて、わたしも確かにその当時はホントに病んでたなぁって思いました。食べ物を食べなくてもお酒だけは飲んでたから、自分では全く拒食症だとは思っていなかったけれど、すでに摂食障害でした。
誰かに助けてもらいたいと願いながらも、心のどこかでは誰も助けてはくれないことを知っていた気がします。
拒食という行動は、わたしの場合は『保護される子供に還りたい』気持ちの表れだったのかもしれません。
守ってほしいと願い、それが叶わず、死ぬことも選べずに、ただ毎日がモヤがかかった中で暮らしているような気がしていました。大事なものを失ったり、自分をぎりぎりまで追い込んだり、自分を傷つけなくては生きている感覚すら失くしてしまいそうな毎日から消えてしまいたくて、でも生きたい衝動に駆られて、矛盾する気持ちに引き裂かれているような感覚でした。
いま考えると、何故あんなに刹那だったんだろうと首をかしげます。もっと要領よく、適当に生きていけばよかったのに…と。

自分で自分を愛してあげることが出来ませんでした。自分で自分を傷つけることで、ようやく生きていることを自分に許していました。それなのに、本当は全部自分が巻き起こしてきたのに、いつも周りのせいにして、周りを恨み憎み、自分を嫌って泣いていました。
自分を助けることは、わたししかできなかったのです。しかしわたしは、そもそも自分を傷つけることは出来ても、助けることは考えたこともありませんでした。自分を憎んでいました。不出来な自分に価値は無いと思いました。そんな自分は、ぼろ雑巾みたいに扱われても当然と思いながらも、誰かに憐れんでもらうことで自分を支えようとしていました。
本当に、いまこの時点から過去を見たら、猫が自分のしっぽを追いかけてグルグル回って疲れ果てて座り込んでいるような、なんとも不毛な若い頃の自分を感じます。

でも、そんな自分が懐かしいし、可愛いと、今は思います。
ただ一生懸命に生きていただけだったと思えます。
色々と後悔していることも、やり直したいことも正直あるけれど、時は戻せません。
だからこそ、今これからはわたしのために、わたしにどこか似ているクライエントさんたちと、一緒に歩んで行けたらよいのかなと感じています。

月山夕焼け.JPG

…夕焼けって赤じゃない、黄金色だった…って、空気が奇麗な場所に来ると思い出します。
わたしの仕事、ビジネスは、どこか過去のわたしを見ているようなクライエントさんの傷が癒えていくことで、わたし自身を癒す作業だったと改めて思い出しました。
だからこそ、わたしは出会うご縁に感謝します。

わたしを探し当てて、このルームにたどり着いてくれて、ありがとうございます。
わたしがあなたを助けるんじゃないのです。あなたがあなたを助ける方法を、わたしはお教えするだけです。
そんなカウンセラーで在りたいと願っていたことを、再確認することができた旅でした。
どこかで日常の忙しさに心を失って、また知識や技術から、少し傲慢になっていたのかもしれません。

ごめんなさい、ありがとう。
そして、お待ちしていました。
過去のわたしの欠片を持つあなたを、ずっと待っていましたよ。

今日は少し感傷的なブログ(笑)ポエマーみたいで気持ち悪くなったら削除するかも・・

・・・
はじめてご利用の方に、お試し無料電話カウンセリング40分間をご用意しております。
ただいま5周年イベントを開催中です♡
なかなか当日予約が受付できない状況ですが、稀にキャンセルなどあるラッキーなこともありますので、
当日予約も変わらず承り中です!ただし確率的にはとっても厳しいので、確実にカウンセリングご希望の方はWEBから事前予約をお願いします。
お休みは不定期なので、お返事が遅くなることがございます。ごめんなさい。

posted by いわはし みなえ at 11:24| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

歯磨きのようにメンテナンス

いつも行くヨガの先生が「歯磨きのように毎日自分の身体をメンテナンスすることで、心身のケアができるんです。歯磨き毎日しない人っていませんよね?」と仰っていて、なるほどなぁって思いました。
確かに歯磨きは毎日するし、しないと気持ち悪いものです。身体のストレッチも毎日する習慣が身に着いたら、しなければ気持ち悪いものになるのかもしれません。
肩や胸が固くなってしまうと呼吸も浅くなり、心も沈みがちになるようです。わたしたちの心と身体は、とても深く関連しているんだなと改めて思います。

スキーシーズンが落ち着いてくる5月以降、毎年わたしはどこかしら体調を崩します。理由は無茶してスキーばかりしてるからなんですが、スキーシーズンは一年に長くても半年しかないので、とにかく無茶でもスキーに行きたいので自業自得です。
確か昨年は、6月に高熱を出して寝込みました。今年はなんと人生初の腰痛です。昨秋から膝を故障していたのも、どうやらこの腰痛の前兆だったようです。膝の痛みに気を取られて膝のケアばかりしてきたので、腰が故障してるとは気づかずに冬を迎え、春を過ぎ、遂に腰が悲鳴を上げ始めました。
何身体からのサインは自分の心のサインでもあります。
腰は身体の要なので、なにか重要なポイントがずれているんだろうなぁと感じています。
そもそも身体のメンテナンスを適当にして、スキーばかりしていた自分に反省ですし、スキーシーズンが落ち着いてきてからの4月以降、けっこう仕事を詰め込んでいたなぁとも思いますし、ジムに通って筋トレばっかりやりすぎてた気もします(スキーシーズンを引きずって、身体もハイになっていて、動かないと気持ち悪かったり)
相変わらず自分をスーパーマンと勘違いして、なんでもかんでも詰め込んでたなぁ。しかし腰痛なので、今のところ高熱みたいに寝込んでルームをお休みしなきゃならないほどではないんです。なので『ちゃんと自分でスケジュールも身体も調整しなさい』ってことだなと感じています。あとは、腰に負担を少なくしてあげなきゃということで、ダイエットがんばらないと…(苦笑)

そんなわけで、ストレッチ強化月間、ちょっとがんばります。
そして6月6〜12日までは、ルームを完全お休み期間とさせていただきます。
ちょっと早い夏休みをいただいて、心のケアの一人旅、楽しんできますね。長いお休みをいただきますが、よりよい仕事のため、わたしの人生のために必要な時間、どうかご理解くださいませ。

・・・

来週はお試し無料電話カウンセリング、当日予約はできません。6月15日以降のご予約は、WEBからお気軽にどうぞ^^
twitterではルームのご予約状況やブログの更新情報、たまーにわたしのプライベート情報なども発信します。よかったらフォローしてくださいね。
いわはしの完全プライベートなインスタグラムも気まぐれに更新中!お暇なときは覗いてみてください。

それではみなさん、良い6月を。わたしは旅に出ます^^
posted by いわはし みなえ at 13:50| Comment(0) | カウンセリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする